川崎高校 同窓会

川崎高校 同窓会

dddddd

100年の歩み

第10話 昭和23〜25年
『初の男子入学』

新制高校として、昭和23(1948)年に、川崎市立川崎高等学校となってスタートした。そして、現在の中島に新校舎ができるのは、26(1951)年になってからであった。このころ敷地内には民家(現在の体育館からテニスコートがある場所)が残っており、校舎敷地とグランドの間には、東西に市道が通っていた。この道路は、32(1957)年に閉鎖され校庭も完了した。しかし、施設は不十分であり、30年代後半まで体育館・図書館などの各施設が増築されていく。この増設には、予算を含めPTAの多大な助力を受けた。
新制高校になり、本校は「自主性の確立」が教育目標の第一に掲げられ、教科以外の活動も重視されていた。多くの高校が生徒会と称しているのに対して、本校では特に「自治」を入れて生徒自治会と称していた。生徒自治会の活動は、HR活動、クラブ活動のほか、卒業式、文化祭などの学校行事も対象とされた。
25(1950)年には「男女共学」の制度にしたがい、普通科に初めて男子が入学した。当初は各クラスに分散されていたが、男子は1クラスにまとめられるようになった。34(1959)年の入学生から1学年8クラスの編成となり、35(1960)年の入学生から4クラスが男女共学となった(47(1972)からは6クラスとなる)。