川崎高校 同窓会

川崎高校 同窓会

dddddd

100年の歩み

第3話 大正14年開校
『川崎高等女学校』

大正14(1925)年、榎町の新校舎の門標に「神奈川県川崎高等女学校」と掲げられた。生徒の募集は2学級であったが、昭和2(1927)年に3学級(1学級50名)、8(1933)年4学級、15(1940)年には5学級と増加の一途をたどった。これに伴い、二年に2教室、三年に4教室、五年に2教室が増築された。その後、増改築を繰り返し、11(1936)年に体育館が建設され、15年には、普通教室18と特別教室8を持つ女学校となった。川女に入学するのは大変で、入試の競争率も二倍を超すこともあり、小学校の最上位の生徒しか入学できなかったようであった。
川女のめざした教育は、温良貞淑・良妻賢母・質実勤倹・整理整頓で、厳しく躾けられた。これは、当時の「通信簿」の中からも伺える。この通信簿は、本校生徒教養ノ方針・生徒心得・生徒服装心得・生徒の教室に於ケル心得等、方針諸規則が22ページにわたり記され、成績表・精勤表・身体検査表等を含めて全33ページからなっていた。